2010年03月16日

「歴史的使命感で判断を」=小沢氏に自発的辞任求める−前原氏(時事通信)

 前原誠司国土交通相は9日の閣議後の記者会見で、報道各社の世論調査で内閣支持率が続落していることに関連し、「歴史的な使命感に立ってどう当事者の方が判断するかだ」と述べ、重ねて小沢一郎民主党幹事長の自発的辞任を求めた。
 また、民主党が主導する企業・団体献金禁止のための政治資金規正法改正に関しては「(衆院選で)約束していることなので必要だ」としながらも、「法律を厳しくすれば直るものではない」と指摘。法改正よりも政治家の倫理観の方が重要との認識を示した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

<自殺>硫化水素で女性 5世帯一時避難 松戸のマンション(毎日新聞)
<日教組>委員長が「政治活動は必要」 北教組事件に絡み(毎日新聞)
宮城、福島、山形で震度4(産経新聞)
非核と抑止力、どう両立=密約「清算」なお課題(時事通信)
<火災>アパートなど5棟燃える けが人なし 東京・杉並(毎日新聞)
posted by コミヤ ジュンイチ at 10:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。